順張り系のテクニカル分析であるトレンド分析

テクニカル分析は大きく3つに分類することができます。
ここで紹介するのは、1つ目の順張り系の「トレンド分析」。

「順張り」というのは投資の専門用語です。
順張りは今までの相場が動いてきた方向に沿って取引を行うことを言います。

例えば、相場が上昇しているときには「HIGH」を選択します。
逆に相場が下降しているときには「LOW」を選択します。
相場の流れに逆らわず、そのままの状況を選択するのが順張りです。

1ドル100円か102円、105円とどんどん上昇している場合、まだまだ上がると予測しHIGHを選択すると言えばわかりやすいのではないでしょうか。

この順張り系のテクニカル分析を「トレンド分析」と言います。
もっとも頼りがいのあるトレンド系のテクニカル分析は「MACD」がありますよ。
もちろん私もMACDはとても信頼している分析方法の1つです。

MACDと検索すれば、MACDの分析方法が山の数ほど出てくるはずです。
初心者でもわかりやすい図式なので、まずはここから覚えるという人も多いと思います。
実際に私もMACDからテクニカル分析を始めてみました。

トレンド分析は流れに乗った分析方法なので初心者でもわかりやすい分析方法です。
まずはここからデモトレードで試してみるのも良いと思います。